2012年01月27日

いのちの息

今日はNYのNyackという神学校の旧約概論からです。

 創世記一章と二章の比較という授業でしたが、今回は特に「いのちの息」に注目してみましょう。
特別に各国語、各バージョンの聖書を準備してみましたので、各自読み取れる範囲で違いを読み取ってみて下さい。

創世記Gen1:30
[개역개정] 창세기 1:30 또 땅의 모든 짐승과 하늘의 모든 새와 생명이 있어 땅에 기는 모든 것에게는 내가 모든 푸른 풀을 먹을 거리로 주노라 하시니 그대로 되니라
[NIV] 1:30 And to all the beasts of the earth and all the birds of the air and all the creatures that move on the ground -- everything that has the breath of life in it -- I give every green plant for food." And it was so.
[KJV] 1:30 And to every beast of the earth, and to every fowl of the air, and to every thing that creepeth upon the earth, wherein [there is] life, [I have given] every green herb for meat: and it was so.
[NASB] 1:30 and to every beast of the earth and to every bird of the sky and to every thing that moves on the earth which has life, [I have given] every green plant for food ";and it was so.
[(日)新改訳] 1:30 また、地のすべての獣、空のすべての鳥、地をはうすべてのもので、いのちの息のあるもののために、食物として、すべての高フ草を与える。」すると、そのようになった。
[(日)口語訳] 1:30 また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。
[(日)新共同約] 1:30 地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」そのようになった。
[(中)] 1:30 至於地上的走獸和空中的飛鳥,並各樣爬在地上有生命的物,我將草賜給他們作食物。事就這樣成了。
[(中)簡体] 1:30 至於地上的走兽和空中的飞鸟,並各样爬在地上有生命的物,我将青草赐给他们作食物。事就这样成了。

創世記Gen2:7
[개역개정] 창세기 2:7 여호와 하나님이 땅의 흙으로 사람을 지으시고 생기를 그 코에 불어넣으시니 사람이 생령이 되니라
[NIV] 2:7 the LORD God formed the man from the dust of the ground and breathed into his nostrils the breath of life, and the man became a living being.
[KJV] 2:7 And the LORD God formed man [of] the dust of the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living soul.
[NASB] 창세기 2:7 Then the LORD God formed man of dust from the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living being.
[(日)新改訳] 2:7 その後、神である主は、土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は、生きものとなった。
[(日)口語訳] 2:7 主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。
[(日)新共同約]2:7 主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。
[(中)번체] 2:7 耶和華神用地上的塵土造人,將生氣吹在他鼻孔裏,他就成了有靈的活人,名叫亞當。
[(中)簡体] 2:7 耶和华神用地上的尘土造人,将生气吹在他鼻孔裏,他就成了有灵的活人,名叫亚当。

いかがでしょうか?

一章では動物に関してで、二章は人に関しての言及です。

違いに気付かれましたか?

問題は日本語の新改訳聖書の訳と、英語のNIVです。
どちらもかなり広く使われているバージョンですが、一章と二章に言葉の使い分けがありません。

これでは、動物にも人にも同じ「命の息」「breath of life」があることになってしまいますね。

しかし他の聖書、たとえば日本語の口語訳や英語のKJVなどでは、一章は単に「命」「life」となっており二章のみが「命の息」「breath of life」となっていることに気付かれると思います。

どっちでもいいじゃんと言わないで下さい。

神が人の鼻に「命の息」を入れたのには大きな意味があるのです。

それに結果が伴うからです。
その結果とはなんでしょうか?

この 「命の息」入れたことで、呼吸をはじめた動物的、機能的、一般的な意味での生命となったのだとも理解できるのですが、、、

他の国の聖書に注目して下さい。
(KJV)... and man became a living soul.
사람이 생령이 되니라
他就成了有靈的活人

単に生き物となったのではなく、生きる霊(韓国語)となったとあります。
中国語バージョンの漢字を見ると少し分かりやすいでしょう。
英語では、"living soul"と表現されていますね。

日本語でも文語訳を見ると、同様に訳されています。
(今、手元に文語訳がないので引用できませんが、、)

どういうことかと言えば、神が鼻から命の生きを入れて下さったことにより、人は霊的存在となり、他の動物と知性だけでなく霊性においても区別された存在となったという事なのです。

そしてこのストーリはその後の堕落、キリストの人類救済へと繋がります。
創世記を、きちんと理解できないと、人の死の事に関しても、キリストの救いに関しても不明瞭になってしまうのです。

こういうことです。

創世記2:17
しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」

"その時、あなたは必ず死ぬ"と宣告されたアダムが、食べた後に何年生きたかご存知でしょうか?

創世記5:5アダムは全部で九百三十年生きた。こうして彼は死んだ。

超長生きですね!!

何故でしょうか?神の言葉に効力がなかったのでしょうか?

つまり神に逆らったアダム及び私達に宣告された「死」というのは、霊的な死だったのです。

そして霊的に死んでいた私達に来てくださったのが、生かす御霊であり、最後のアダムであるイエスです。

コリント人への手紙第一15:22すなわち、アダムにあってすべての人が死んでいるように、キリストによってすべての人が生かされるからです。
コリント人への手紙第一15:45聖書に「最初の人アダムは生きた者となった。」と書いてありますが、最後のアダムは、生かす御霊となりました。

ここで言っている、生きるだとか死だとか言っているのは、全て霊的な死、霊的な命のことです。

さらに言うなら、善悪の知識の木の実をとって死んでしまった私達は、エデンの園で示されている、もうひとつの木の実を食べて命を回復しなければならないのですが、、、、

エデンの園にあるもう1つの木を覚えていますか?

創世記2:9
神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた。園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木とを生えさせた。

いのちの木ですね!!

いのちの木があったのであれば、堕落したアダムとエバはすぐにそれを食べれば良かったのに、バッカだなー
というのが私の幼い頃の考えでしたが、、、

神がそれを禁じられたのは、少し後のことでしたので、、、、
さて
何故禁じられたかと言えば、、、それも見てみましょうか。

創世記3:24
こうして、神は人を追放して、いのちの木への道を守るために、エデンの園の東に、ケルビムと輪を描いて回る炎の剣を置かれた。

何故禁じられたかと言えば、まだ時ではなかったからなのです。

【命なるキリスト】
そして時いたって来られた、命(ゾーエー)なる方、つまり命の木の本体なる方が我らがキリストイエスその方です。

彼は言われました、、、

ヨハネの福音書14:6イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。

ヨハネの福音書10:10盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。

彼こそが、命そのものなる方であり、命の木そのものなる方です。そしてこの方が、いのちを与える御霊を下さると約束して下さいました。

【命なる聖霊】
ヨハネの福音書6:63いのちを与えるのは御霊です。肉は何の益ももたらしません。わたしがあなたがたに話したことばは、霊であり、またいのちです。
エゼキエル書47:9この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水がはいると、そこの水が良くなるからである。この川がはいる所では、すべてのものが生きる。
ヨハネの福音書7:38 わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」
ヨハネの福音書7:39 これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、御霊はまだ注がれていなかったからである。


さてそれでは、冒頭の箇所と対比となる箇所を引用してまとめたいと思います。

人は神により「命の息」を入れられて、霊的に生きた存在となったのにもかかわらず、悪魔の誘惑に会い、神の命令に反して、善悪の知識の実を取って食べてしまったが故に、霊的に死んだ存在となってしまいました。
そんな私達にイエスは、創世記の時と同様に息を吹きかけて下さいました、、、、

ヨハネの福音書20:22そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。

最後のアダム、生かす御霊であるイエスが、命を与える聖霊を受けなさいと、再び息を吹きかけて下さったのです。
アーメン!!アーメン!!アーメン!!ではありませんか。

最後にいのちそのものである方から、いのちなる聖霊によって、いのちが豊かに私達に与えられる事を描いている黙示録を引用して、終えようと思います。願わくばこれを読まれた方が、霊的な神の命の大切さに気付きそれに満たされますように。
又神の罪の赦しと愛、イエスの十字架の贖い、聖霊の恵みと命とを、「サンキュー」と言って素直に受け入れられますように。

ヨハネの黙示録22:1、2 御使いはまた、私に水晶のように光るいのちの水の川を見せた。それは神と小羊との御座から出て、都の大通りの中央を流れていた。川の両岸には、いのちの木があって、十二種の実がなり、毎月、実ができた。また、その木の葉は諸国の民をいやした。
posted by じゅん at 16:23| Comment(0) | 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。